奨学金は借金

学校に通うにはお金がかかります。
そのためどれだけ知識や技術があったとしてもその金銭面の問題でランクの高い学校に行くのを諦めなければいけないという事態が出てくることがあります。

それを解決するために導入されている制度が奨学金というものでありこれを利用すればお金がなくてもその通学に利用するのに必要なお金は「借りて」利用することができるのです。
しかし先に「借りて」という表現をした通りに奨学金はその名称から惑わされることが多いのですがローン、ようするに借金です。
そのため学校を卒業した後はその通学で利用したお金を借りたところから返済しなければいけなくなります。

この制度が「借金」や「ローン」ではなく奨学金と借りることを匂わせない言葉で表現されているのにも問題はあるのですが、理解していてもしなくても借りていれば返済はしなければいけません。
一般のキャッシングやローンは返済が滞ることで様々なペナルティが課せられます。
これは奨学金も例外ではなく返済ができない場合にはペナルティが課せられることになりそのペナルティは今後人生を送っていく上で致命的なものになる可能性もあるのです。

では実際に奨学金を返済できない場合のペナルティとしてはどのようなものがあるでしょうか。
全ての奨学金が返済しなければいけないというわけではなく中には返済しなくてもよい種類のものもあります。
しかしこの種類は競争率が激しく簡単に利用できるものではないため基本的には返済が必要となる種類を利用することになるのです。
それでも返済不要というのは大きいことであるため奨学金に頼りたい人は狙ってみるといいでしょう。